桜坂秋太郎 公式サイト 設置ブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小


911
2010/09/07(Tue)05:31
 毎年この時期になると思い出すことがあります。いわゆる“911(September Eleventh)”です。いつの時代も事件は風化するものなので、今では世界貿易センタービル(もしくはそれに関連する)の話題は、飲み屋でもほとんど出ませんね。

この事件当時、私は福岡に住んでいたのですが、徹夜して原稿を書き上げ、ホッと一息ついた時でした。普段見ないテレビをたまたまつけたら、航空機事故の臨時ニュース。

御巣鷹山のとある本のお手伝いをした経験から、航空機事故にはちょっと過敏な私は、テレビに釘付けとなりました。特に2機目が突入する様子は、いまでも時々夢に見るほどショッキングでした。


その数年後、自分の仕事のスタイルを見直したのですが、今思い返すと、あのショッキングな映像と比べると、どんな文章を書いてもかなわない…という思いがあった気がします。文章は映像のライバルではなく、うまく共存する…つまりベクトルを変える必要を感じました。

でも業界的にはなかなか難しい話で、ライバルになってしまうことばかり。将来性を感じない議論が今でもあります。昔は大の議論好きでしたが、今ではもうそんなパワーがありません。

正確に言えば、自分の持ってるパワーを把握したので、使い方が変わったということですが。朝まで議論して、翌日はひどい二日酔いのように使い物にならない生活は、クリエイティブじゃないし。


毎日何かしらの事件が起きている現代、風化するのは仕方の無いことですが、人それぞれ記憶に残る事件というのがあると思います。私にとっては、それが航空機事故。割と飛行機には乗ってるんですが、乗る時にいつも“何か”を思います。

御巣鷹山の仕事をしなければ、そんなことも無かったんでしょうけど…。一生そんな感じで生きていくのだと思います。そのつど、人知れず黙祷を捧げています。


JUGEMテーマ:桜坂秋太郎
投稿者:sakurazaka86|カテゴリ:雑談関係
コメント一覧
管理者の承認待ちコメントです。

-│2011/08/30(Tue)13:37│ 編集する
コメントを書く




トラックバック

この記事のトラックバックURL

※トラックバックの際はこのURLをコピーして、トラックバック送信先の欄に貼り付けてください。